メジャーリーグ(MAJOR LEAGUE)

MAJOR LEAGUE

アイレム(Irem)・1989/10/27発売

(C) 1989 MORGAN CREEKという表記が示すとおり、
映画「メジャーリーグ」のゲーム化です。

タイトル画面ですが、「グラサンをかけたモヒカンボール」がちゃんと描かれているのは好印象。
(誰かこいつの名前教えてください)

とりあえずスタートボタンでモードセレクトへ。

モードセレクト

COM対戦、2P対戦、観戦、バッティング練習とまあ普通。
COLORというのが見慣れませんが、球場の芝と土の色を8色の組み合わせから選べるもの。
右後ろのストレッチに付き合ってるのがテイラーでしょうな。

チームセレクト

チームセレクト画面。
まず日本の球団がセリーグ6球団+全日本の7球団。
メジャーの球団が、インディアンス、アスレチックス、メッツ、ドジャースの4球団と、
全アリーグ、全ナリーグ、全米でこちらも7球団。日米併せて14球団となっています。

ファミスタでは88年度版からはすでに全球団出てましたが、
89年発売のこのゲームでは、パの選手は全日本に10人いるだけであとはバッサリです。
まあ「メジャーリーグ」を名乗っているのにセリーグが出るのも変な話ですが
全部メジャー球団でも日本人にはなじみが薄いし、という妥協点の産物でありましょう。
少なくとも「エモヤンの10倍プロ野球 セリーグ編」よりはマシ、と好意的解釈。

1チームに選手は投手5人、野手15人の20人。
ですが、試合で使えるのはスタメン9人とベンチ入り5人の14人までです。
投手5人を全て使えるようにしてもかまいませんし、ベンチに野手しか入れないのも可能です。
また、セリーグの球団の控えには、各チーム2人ほど89年の時点でもう引退した(or日本にはいない)名選手が入ってます。
王とかホーナーとかバースとかシピンとか衣笠とか。

選手名ですが、実名ではなく変名です。
メジャーとか日本の実在選手は仕方ないとしても、
MORGAN CREEKのライセンス取ってるはずなのに映画の選手も実名ではないというのはどうした訳でしょうか。
こんな「てへらあ」なんて気の抜けた名前のキャッチャー知らねえよ。

スクリーンショット
スクリーンショット1 スクリーンショット2 スクリーンショット3
スクリーンショット4 スクリーンショット5 スクリーンショット6
スクリーンショット7 スクリーンショット6 スクリーンショット7

見てもらうと分かるんですが、フィールドはけっこう広い部類です。
というか、キャラクタがフィールドに比べて小さいです。
ファミスタのキャラクタの大きさでベースボールスター(ファミコン版。「甲子園」でも可)をやる感じ、と申しますか。
そのため内野安打が増える、ような気がするけど結局はファミスタと同程度かも。

システム面ですが、投球はファミスタの逆で、上が速球、下でフォーク。
ファインプレーもありますが、これもファミスタの逆でBボタン。ジャンピングもあり。
インディアンスの所属するアリーグではDHが採用されていますが、このゲームではなし。
ちょっとした技として、ピッチャーは一球も投げなくても交代できます。
デフォルトだと先発とリリーフ合わせて3人しかいないので、やっても自分の首を絞めるだけですが。
あと、同チーム対戦が出来たりします。

細かいところでは、スイッチヒッターはタイムかければちゃんと逆打席に移れます。
審判の音声もぼちぼち入ってます。
審判の他に、選手がエラーしたときにも「あッ!」という音声が入ります。審判と同じ声で。

次へ | TOP